山口県下松市で40代会社員男性感染 県内8人目

山口県下松市で40代会社員男性感染 県内8人目

 山口県は4日、下松市の40代会社員男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。出張先の大阪府内で感染した可能性が高いとみている。現在は県内の感染症指定医療機関に入院中で容体は落ち着いているという。県内での感染確認は8人目。同市では初めて。

【動画】立体マスクの作り方

 男性は3月25日に同僚2人と新幹線で大阪府へ日帰り出張。29日に38度の発熱があり、自宅療養しながら医療機関を受診していた。4月3日に肺炎が確認されたため検体を採取し、この日のPCR検査で陽性反応が出た。発熱後は出勤しておらず、他の行動歴は調査中。現時点では同僚2人が濃厚接触の疑いがあるとみている。

 村岡嗣政知事は4日夜に記者会見を開き「感染が拡大している地域へ向かうのは控え、やむを得ず行った場合は2週間は健康に気遣ってほしい」と呼び掛けた。 中国新聞社

フォローする