花見客の心和ます幻想的な灯り 福井の愛宕坂、横坂にあんどん140個点灯

花見客の心和ます幻想的な灯り 福井の愛宕坂、横坂にあんどん140個点灯

 福井県福井市の足羽山北側の愛宕坂と横坂で3月23日、あんどん140個によるライトアップが始まった。和ろうそくのやわらかな光が辺り一帯を幻想的な雰囲気に包んでいる。7日まで。

 例年「灯の回廊」と銘打ち、ふくい桜まつりに合わせ市が実施している。今回、新型コロナウイルス感染拡大の影響でまつりは中止となったが、訪れる花見客の安全確保へ設置した。

 午後6時すぎ、石段に並べられた鉄製あんどんに火がともされると、石段や建物が淡いオレンジ色に照らされていた。

 同市内から家族3人で訪れた小学3年生の女の子は「とてもきれい。桜が満開になったらまた来たい」と笑顔で話していた。

 足羽地区の住民でつくる「さくら灯りの会」による足羽山のぼんぼりの点灯も23日始まった。 福井新聞社

フォローする