109年で閉校の小学校で最後の卒業式

109年で閉校の小学校で最後の卒業式

本部町にある小学校が2020年、約100年の歴史に幕を下ろします。3月18日、閉校を前に6年生2人だけで最後の卒業式が行われました。

本部町にある、全校生徒18人の崎本部小学校で行われた最後の卒業式。卒業生は6年生2人だけです。開校からこれまで109年で送り出した卒業生は2700人あまり。しかし、少子化の影響から2019年度での閉校が決まっています。

最後の卒業式でしたが、18日は新型コロナウイルスの感染防止のため、式典は学校関係者と保護者は父母のみと制限されました。それでも、式はあたたかな雰囲気の中で行われました。

大切な思い出を胸に母校を後にした最後の卒業生の2人。崎本部小学校の閉校式は21日の土曜日です。

フォローする