館内放送、ガルラジと連携 富士のSA、道の駅でイベント 観光地巡るスタンプラリーも

館内放送、ガルラジと連携 富士のSA、道の駅でイベント 観光地巡るスタンプラリーも

 富士市の東名高速道富士川サービスエリア(SA)と道の駅富士川楽座、大観覧車フジスカイビューで、富士山の日にちなんだイベント「2020大感謝祭」が3月31日まで開かれている。中日本高速道路などが手掛けるインターネットラジオ番組「ガールズラジオデイズ(ガルラジ)」とコラボレーションし、スタンプラリーや声優による館内放送を展開している。

 ガルラジは、富士川など五つのSAを拠点とするFM局が開設された設定で、登場人物が番組制作やパーソナリティーを務め、その奮闘や成長を描くストーリー。

 イベントでは富士川SAを拠点とする「チーム富士川」の声優3人が館内放送を担当した。おすすめのイベント情報や富士市内の観光スポットを紹介している。

 中日本高速道路のアプリと連動した「富士市周遊ガルラジスタンプラリー」は、岩本山公園や大淵笹場など市内6カ所の観光地のうち3カ所以上を巡ると、ガルラジのグッズなどがもらえる。

 富士山の日の23日夜、ガルラジの金明凪紗役を演じた声優山北早紀さんが富士川楽座でトークショーを行った。山北さんは館内放送だけでなく、富士川楽座開館20周年を記念したプラネタリウムのナレーションも担当。「リラックスしてもらえるよう意識した」と話した。トークショーは新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、出演者、参加者ともにマスクを着用した。 静岡新聞社

フォローする