新型肺炎・検査漏れで下船 3人が大阪府民

引用元:読売テレビ
新型肺炎・検査漏れで下船 3人が大阪府民

新型肺炎の集団感染が起きたクルーズ船、ダイヤモンド・プリンセス号で、下船した乗客の検査漏れがあった23人の内、3人が大阪府民であることが分かった。ダイヤモンド・プリンセス号の集団感染では、厚生労働省が今月19日と20日に下船を許可した969人の内、23人が検査を受けていなかったことが分かっている。この検査漏れについて、加藤勝信・厚生労働大臣はミスを認めたが、大阪府は23日、この内の3人が府内の住民であることを明らかにした。大阪府には、陰性の判定で下船した46人がいるが、検査漏れが分かった3人に対し、結果が判明するまでの間、「自宅待機をお願いしている」という。3人の症状は分かっていないが、大阪府などでは引き続き、専用窓口で健康相談を受け付けている。専用電話は、06-6944-8197

フォローする